小学館ファミリーネット 小学一年生

ファミリーネットニュース

梅雨時の家事の工夫で「家事六月病」を撃退!

2015年6月 6日

日本列島各地が続々と梅雨入り。洗濯物を部屋干しすることも多いこれからの時期は、室内がジメジメしがちですね。

生活者の意識・実態についての調査を行っているトレンド総研では、梅雨の季節の到来に合わせ、500人の主婦を対象に「梅雨の家事における悩み」調査を実施しました。

その結果、約9割近く(87%)の主婦が「梅雨の時期に家事が憂鬱だと感じることがある」と回答。そして、おもな理由は、

1位「洗濯物が乾きにくいから」(84%)、

2位「湿気が気になるから」(82%)、

3位「カビが気になるから」(65%)でした。

150606_tuyu_03.jpgそこで「梅雨の時期に特におっくうだと感じる家事」は具体的に何か、複数回答形式で聞いてみたところ、1位「洗濯」(43%)、2位「布団干し」(32%)という結果になりました。

150606_tuyu_02.jpg

雨の日が続けば、布団が干せず、洗濯物を部屋干しする機会も増え、家の中でカビが発生しやすくなります。梅雨特有の「雨」「湿気」「カビ」が原因となって、五月病ならぬ"家事六月病"を生み出していることがわかりました。

「洗濯」と「布団干し」はどちらも布製品を清潔に保つ手入れですが、「洗えない布製品のカビ対策がわからない」といった悩みの声もあり、とくに梅雨時期は「布製品の菌・カビ対策」が不十分になっているようです。

150606_tuyu_01.jpg このような梅雨の家事の憂鬱を軽減するにはどうしたらいい? 家事をはじめとする住まいの悩みの専門家である藤原千秋氏に、梅雨の家事のコツについてお聞きしました。

 ストレスなく梅雨の家事をこなすには「メリハリ」がポイント

天気予報と家事の計画を調整できるようであれば、「晴れたらやろう」くらいの大らかな気持ちで取り組んでみましょう。家事をやらなきゃ、やらなきゃと思い詰めると、それこそ「家事六月病」の原因にもなるので、できない日には家事を休んでしまってもよいと思います。

布製品は天日干しにこだわらず、雨の日も換気を

「洗濯」「布団干し」など布製品の手入れは、天日干しにあまりこだわらず、楽しみながらできる手入れをしていくことがおすすめです。

例えば、洗濯の際は、洗剤や柔軟剤を好みの香りのものにすると、室内干しでも部屋をいい香りにできます。

また、洗濯物や布団などを乾かす際に、除湿効果や清潔さをもたらす家電を使ってみるのもおすすめ。除湿機、エアコン、布団乾燥機、布団掃除機などを利用すれば、室内の快適さを保つことができます。

さらに、雨の日でも家の中の換気が重要です。「雨なのに窓を開けると、湿った空気でよけいに部屋が湿ってしまうのでは...」と思われる方もいるかもしれませんが、むしろ、空気が滞留すると布製品のカビや湿気の原因が増してしまいます。

布製品の菌・カビ対策には消臭・除菌スプレーを活用

アンケート調査で多くの人が「梅雨の時期、菌やカビが気になる布製品」として挙げていた「衣類」「カーテン」「布団」「枕」については、天日干しや洗濯のほか、市販の消臭・除菌スプレーを上手に活用するのも効果的です。

 【衣類】クローゼットやたんすの通気をよくする。湿っぽく感じた場合は扇風機の風を送り込む。

【カーテン】梅雨前に洗濯していないのであれば、梅雨明けに洗濯する。洗濯するまでは消臭・除菌スプレーをこまめに噴霧しておく。

【布団】梅雨の晴れ間に、すかさず干す。温風の出る布団掃除機をこまめにかけて乾燥と清潔を心がける。シーツだけでも洗濯・乾燥する。

【枕】カバーはこまめに洗濯・乾燥をし、晴れ間には天日干しを。干す前に消臭・除菌スプレーを使うと、菌・カビ対策に。

 ......以上、梅雨時の家事のコツ、いかがでしたか? 個人的には「雨の日でも換気を」「干す前に消臭・除菌スプレーを」といったワザにびっくり!

本格的な梅雨に進む前に、"家事六月病"対策として、ぜひ家事に取り入れてみてください!

(村重真紀)

◆調査概要

調査名:家事に関する意識・実態調査

調査対象:20代~50代の既婚女性 500名

調査期間:2015年4月3日(金)~2015年4月8日(水)

調査方法:インターネット調査

調査実施機関:楽天リサーチ株式会社

 

 ◆藤原 千秋(ふじわら ちあき)

ー住宅ライター・アドバイザー&コラムニストー

 1974年、栃木県生まれ。大手住宅メーカー営業職を経て、2001年よりオールアバウト「住まいを考える」ガイド。3児の母。おもに住まい周りの記事を専門に執筆するライターとして、14年のキャリアをもつ。現在は並行して家事サービス、商品開発等にも携わる。「この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典」(朝日新聞出版)など著書、マスコミ出演多数。

◆消臭・芳香剤のファブリーズ公式サイト  Myレシピ.com

 

最近のニュース