小学館ファミリーネット 小学一年生

ファミリーネットニュース

まだまだ間に合う!夏休みの工作・自由研究

2015年8月21日

夏休み終了のカウントダウンが聞こえてきそうなこの頃。やり残したことがある......そんな小学生ファミリーに向けて、まだまだ間に合う自由研究・工作対策についてご紹介します。

夏らしい素材で作る工作

現在、発売中の雑誌『小学二年生』9月号には、ペットボトルやゼリーカップなど透明で涼感ある素材を使った「スケスケそざいで見てすずしい!クリア工作」特集を掲載!

見た目がお菓子みたいでかわいい「スイーツ風ケース」や、妖怪ウォッチの人気者たちの「ようかい風りん」の作り方などを説明しています。

ペットボトルが大変身!

また、同じく身近な素材で作る「ペットボトル工作」についてのヒントが得られるのが、暮らしの口コミ共有サイト「gooppy(グーピー)」に寄せられた、ペットボトル工作に関するランキングです。

そこで発表されている「夏休みの工作にも!ペットボトル工作ランキング」を見てみると、「ペットボトルランタン」「ペットボトル風鈴」など、家にあるもので簡単にできそうな工作のアイデアがのっていますよ。

150821_kousaku_02.jpg思い出作りと宿題を一緒に!

さらに、夏休みの思い出作りも兼ねて......ということなら、こんなイベントもおすすめです。 

8月29日(土)・30日(日)の2日間、東京・渋谷にて開催される「ワークショップコレクション11 in シブヤ」は、子どものための創作の場。

造形、電子工作、音楽、身体表現など、さまざまな体験ができるワークショップが100以上もあり、当日参加できるものも多数です(一部有料)。

150821_kousaku_01.jpg

工作系のワークショップをご紹介すると...

<自分だけの光る宝石を作ろう!>オリジナルレジンLEDづくり

●チラシをくるくるまいて♪ LEDの"あんどん"をつくろう!

<子ども廃材加工プロジェクト>再生アートキーホルダーを作ろう!

などは、作ったものをそのまま持ち帰れます。

たくさんの学びと遊びのプログラムがあるので、体験したことをまとめれば、ちょっとした自由研究にもなりそう!?

なお、開催11回目にあたる今回は、取り壊し前のオフィスビルがメイン会場とあって、ビルの壁を直接キャンバスにした「#BCTIONフリーウォール」や、ワークショップ「Rakugaki(らくがき)」「壁面書道」など、大胆にのびのびと楽しめるアート体験が目立つのが特徴です。

当日参加可能なプログラムでも例年、人気のものは早めの時間に定員を超えることがあるので、おでかけはお早めにどうぞ! 

(村重真紀)

最近のニュース